四十九日法要の手配をする

四十九日法要とは

人が亡くなると死後49日後に仏様の元へ向かとされています。
そのため、僧侶を呼び四十九日法要を行っているのです。

四十九日法要をするにあたってはいくつかの手配が必要ですし事前の準備も必要になります。
そこで初めて経験するという人は事前にどういったスケジュールで何が必要であるかを判断しておくことが必要です。

四十九日法要を行うために必要な準備

四十九日法要は仏教においてとても大きな意味を持っています。
人が亡くなってから7日ごとにエンマ大王の裁きを受けるとされており、49日目に極楽浄土に行くことができるかどうかの判断が下されるのです。
そこで、遺された家族は故人が極楽に行けるように7日ごとに供養をします。

そして、その中でも最後の49日目はとても大切なものであるためにきちんと法要をすることになるのです。
準備も必要になるので必要なものを確認しておきましょう。

まずは四十九日法要をどこでいつ行うかを決めることが必要です。
できるだけ多くの人が集まれるようにするため、本来の49日目より早めの土日が選ばれます。
49日を過ぎてから行うと故人の魂を待たせてしまうということで前田押すことが一般的です。

法要の会場はお付き合いのあるお寺があればそこでもよいですし、自宅やセレモニーホールを利用する方法があります。
日程によっては法要で利用できない場合もあるので、多くの人は葬儀が終わってからすぐに手配をするものです。

日時と場所が決まったら僧侶へもお勤めの依頼をしなければなりません。
僧侶の予定が合わない場合には法要を別日にする必要があります。
お墓の準備ができていれば四十九日法要と合わせて納骨も行われることが多いです。

法要の予定が決まったら案内状を準備します。
身内だけの場合には案内状を送らず電話で済ませることも多いですが、ほかにも参加者がいる場合には日程を間違えないためにも案内状を贈るほうが良心的です。

四十九日法要の二週間前までにすること

四十九日法要を済ませるとこれまで使っていた位牌も変わりますし、仏壇は開眼法要が必要になります。
仏壇を購入する際も配送の都合がありますから法要の2週間前までには済ませておく方が安心です。

法要の後には会食を行いますから食事の手配も必要となります。
他にも参列のお礼として引き出物の手配も必要です。
当日までに間に合わせるためにもできるだけ早めに手配をします。

四十九日法要に必要な費用

四十九日法要を迎えるにあたってはお金の準備も必要です。
お布施は3万円から5万円が相場とされています。
それ以外にも僧侶へお車代として5千円から1万円、会食を辞退される場合には御膳料の5千円から1万円も必要ですし、納骨をあわせて行う場合にはそのお布施も必要です。

次に引き出物と会食費用ですが、引き出物は3千円程度、会食費用が3千円から1万円程度が相場となっています。
他にも自宅以外で行う場合には施設使用料も必要です。