お位牌を準備する

位牌とはどのようなものか

四十九日法要を迎えると故人は仏様になります。
そのため、四十九日法要は大切な法要とされているのです。

また、四十九日法要をもって忌明けともなり、位牌も白木のものから本位牌へと変えられます。
最近では仏壇も位牌もおしゃれもの、部屋のインテリアになじみやすいものが増えており、デザインも豊富です。
逆に種類が豊富になったことで何を選べばよいかわからないと感じる人もいます。
できるだけご先祖さまや故人の気持ちを尊重するためにも適切なものを選ぶことが望ましいです。

位牌の起源

位牌はなぜ必要なのでしょうか。
もともとは儒教が盛んな中国で使われてきた道具です。
これが日本に伝わってきて、故人の霊が宿る依代の考えと重なって今のようになっています。

一般的な位牌は白木でできたものと黒塗りに金の飾りや濃い木目のものが多いです。
これらはどれも戒名と没年月日、年齢、属名といったものが書かれています。
戒名は仏様として浄土での新しい名前のことで、四十九日法要が終わると黒の漆を塗ったものや唐木のものを本位牌として仏壇に納めて供養をするのです。

本位牌を用意する

故人が仏様になるのが四十九日です。
そのため法要には僧侶を迎えお墓に納骨も行います。
本位牌はこの日までに用意が必要です。

本位牌には戒名や没年月日などを入れる作業が必要になるので思い立ってすぐに入手できるものではありません。
少なくとも四十九日法要の2週間前までには作成を依頼しておく必要があります。

また、中には葬儀の際に使った白木の位牌をそのまま使うのはダメなのかと考える人がいますがこれは使いません。
白木の位牌は葬儀の際に使う仮の位牌です。
四十九日法要を境に片づけるのが一般的ですから仏壇に合わせて本位牌を用意するようにしましょう。

本位牌を選ぶ際にはサイズやデザイン、色、加飾、仕上げの方法といったものがあります。
実際に仏具店に行くと最近では伝統的なものだけでなくおしゃれなものまであるためにどういったものがいいかわからなくなるという人も多いです。

初めて仏壇や位牌を用意するという場合には故人の遺志を尊重して好みのものを選ぶことがあります。
しかし、すでに仏壇があったり位牌があったりする場合には、そういったものとの調和を考えてサイズやデザインをそろえることが多いです。

どのような場合でもきちんと仏壇に収まるサイズのものを選ぶようにします。
特にサイズのルールはないですが、できるだけ社会的な立場から図って大きさを選んでいたことに倣って選ばれることが多いです。
戒名が書かれている札板のサイズだけでなく総丈でも考えないとサイズが合わないこともあるので注意をしましょう。