Q.神棚はどこに置くといいですか?

Q.神棚はどこに置くといいですか?

自宅に神棚を設置したいと思っています。
しかし、どの場所に設置をすればよいのかわかりません。
神棚を祭る場所には何か決まりがあるのでしょうか。

神棚は設置する場所によってまつるものが変わってきます

神棚はどのような場所にいても神様をお祀りすることができるものです。
最近では日本の古き良き風習を大切にしたいと考える人が増えており、神棚を設置する人が増えています。

ただ、神棚を設置するにあたっては家庭の神様や仏様によって祀るものも違ってきますから事前に確認することが必要です。
設置する場所によっても違ってきます。

神棚を設置する場所には決まりがあります

神棚は設置するにあたってはどこでもいいわけではありません。
神様を祀るための場所ですから、格が高い場所に神棚を置くことが良いとされています。

また、毎日家族の健康や会社の発展といったものを祈る場所です。
そのためきちんと場所を選ぶことが必要になります。

方角は神棚を設置するにあたってとても大切です。
日中神様にきちんと日の光が当たる場所を選びます。

そこで神棚を設置する場所は神棚の正面が南や東であると望ましいです。
朝の光が神様にあたることが良いので、法学は大切にしましょう。

太陽は宗教の中でもとても大切な意味があるものです。
そのため太陽が当たることを大切にするために、法学だけでなく明るい場所に設置をするという人もいます。

神棚は設置を避けた方が良い場所もある

神棚を置く場所は神様が過ごす場所です。
そのため神様が招かれた際座りたいと思える場所でなければなりません。

そこで、神様が座りたい場所であるかどうかを考えながら選ぶと場所を決めやすいです。
常に汚れている場所は余語得やすいということで避けるようにしましょう。
キッチン、お風呂、トイレといった水回りはあまりよくないとされています。

他にも廊下のように神棚の下や上に常に人がいる場所、動きがある場所も神様が落ち着けません。
そのため避けた方が良いとされています。

ただ、キッチンや台所に神棚を置きたいと考える人も多いです。
キッチンは火を使う場所であるために荒神様という日にまつわる神様がいます。
荒神様は災いを避けてくれ、衣食住に困らないように助けてくれる神様ですが、荒々しい神様なので粗末に扱ってはいけません。

そこで、キッチンに神棚を設置する際には目線よりも高い位置に置くようにしましょう。
もしも、キッチンに神棚を置く場所がない場合にはリビングやキッチンに近い場所に置くことも一つの方法です。
荒神様の神棚を設置する場合には専用のものがあるのでそれを選ぶようにすると設置の方法を間違えることなく設置ができます。