Q.不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」の違いを教えてください

Q.不祝儀袋の「御霊前」と「御仏前」の違いを教えてください

香典やお供え物には御霊前と御仏前とがありますが、どちらにすればよいのでしょう。
宗派や宗教、タイミングといったものによっても違ってくるのでしょうか。
いつも使い分けがわからず悩んでしまいます。

まずは御霊前と御仏前の違いを理解しましょう

御霊前は亡くなった方の霊の前にお供えするという意味です。
お通夜やお葬式の際に参列者が香典を送りますが、その際の香典袋や不祝儀袋の表書きに使われます。

それに対して御仏前は亡くなった仏様の前にお供えするという意味です。
仏教の法要の際の香典袋や不祝儀袋の表書きに使われます。

御霊前も御仏前もどちらも香典袋や不祝儀袋の表書きに使われるものです。
ただ、お供えをする先が霊なのか仏なのかで使い分けます。

仏教の世界では亡くなってから49日間は霊として存在し、成仏してから仏になるという考えです。
そこで、御霊前と御仏前の違いとして49日間の霊として存在して言うときにお供えするのは御霊前、49日を過ぎて成仏した後にお供えするのが御仏前ということになります。
そのため、お通夜やお葬式では御霊前、一周忌などの法要では御仏前になるのです。

四十九日法要までは御霊前を使います

仏教の教えでは四十九日までは7日ごとに7回、成仏できるかどうかの裁きを受けるとされています。
そのため、遺族は故人が成仏できるようにと7日ごとに法要を営むのです。
この7回目の法要が四十九日法要であり、最期の裁きの日になります。

四十九日法要の時に裁きを受けて故人は成仏が許されれば霊から仏になるのです。
そこで四十九日法要が終わると成仏をするため、四十九日法要の際には霊であるということになります。
そのため四十九日法要の際の香典の表書きは御霊前となるのです。

宗派によっても使い方は違います

仏教には宗派があり、それぞれで考え方が違います。
浄土宗や浄土真宗では霊の概念がないです。
そのため、お通夜からずっとお香典や不祝儀袋の表書きには御仏前と書くことになります。

宗派がわからない場合には相手に失礼にならないように御香典と書くのも有効です。
キリスト教式の場合には御花料と書くのが一般的ですが御霊前でも良いとされています。
これは、キリスト教ではでは亡くなったら霊魂となり神に召されるという考えがあるためです。

このように宗派や宗教によっても使い方は違ってきます。
相手に失礼にならないためにも、最後のお別れを正しく行うためにも、御霊前や御仏前は正しい表記をすることが望ましいです。
万が一、お通夜やお葬式に参列するまでに相手の宗教や宗派がわからない場合には御霊前と御仏前どちらともの香典袋を用意しておき、確認をしてから正しい袋を渡すようにしましょう。