Q.遺影写真の選び方を知りたいです。

Q.遺影写真の選び方を知りたいです。

家族が亡くなり遺影写真が必要になりました。
遺影を選ぶにあたり、少しでも良いモノにしたいと思っています。
何か遺影写真を選ぶのにポイントはあるのでしょうか。

新しい写真を使うようにすることが望ましいです

遺影の写真を用意するにあたってはできるだけ新しい写真を選ぶことが良いといわれています。
ただ、中には長く闘病していて晩年の写真に故人らしいものがない場合もあり、そういった時には若い現金頃の写真でも問題ないです。

大切なのは故人にきちんとピントが合っている写真を選ぶようにします。
また、故人ができるだけ大きく映っているものを選ぶ方が仕上がりがきれいです。
小さい写真にしてしまうと遺影にするために引き伸ばした際にぼやけてしまいます。

写真の画素数は最低でも200万画素必要です。
ただし、最近のスマホやデジカメはほとんどが200万画素以上ありますからスマホで撮影した写真でも十分画素数の面ではクリアしています。

遺影は長く使うことを考えて

遺影写真というのは意外と長く使います。
お葬式の時にはもちろんですが、お葬式が終わってからの法要でも毎日仏壇に手を合わせるときにも遺影写真を見ながら故人を偲んで写真を見るものです。
そのため、意外と長く使いますし、目にする機会も多くあります。

葬儀の前はやることも多く慌てて遺影写真を用意することになる場合も少なくないです。
しかし、遺影を選んで決定する際にはできるだけきちんと考えるようにして、後々ずっと手を合わせる写真がこれでいいのかということをきちんと考えて決定するようにしましょう。
後から変更するということはできませんから後悔しないためにもしっかりと考えることが大切です。

故人の人柄がわかるものを

故人の写真として望ましいものに故人の人柄がわかるものが良いとされています。
明るく元気な人であればそういった人柄の伝わる元気いっぱいの笑顔の写真が望ましいです。

一昔前までは遺影も照明写真のような真顔の写真を選ぶのが基本とされていました。
しかし、最近では故人の遺志を尊重することが大切とされており自由度も高いです。
そのため趣味を楽しんでいる写真や笑顔の写真が選ばれることも増えています。

家族だからこそ知っている故人の表情といったものもありますからその人らしさがあふれていると家族が感じられる写真を選ぶことが大切です。
ずっと手を合わせることになる写真ですから、故人のことを思い出せるような写真が望ましいでしょう。

写真の服装も最近では自由度が高いので、昔のような和装で家紋が入っているような写真にする必要がありません。
洋服や平服で遺影にしているケースも多いですし、従来通りの家紋入りの和装へと修正をすることもできますから服装よりも表情を重視して写真を選びましょう。