Q.七七日忌について知りたいです

Q.七七日忌について知りたいです

物資期の法事の中に七七日忌というのがあるようです。
これは四十九日法要とは別のものなのでしょうか。
どういった法要なのか、何か準備をするものはあるのか、教えてください。

四十九日法要と同じ意味です。

七七日は、様々な読み方があり「なななぬか」「なななのか」「しちしちにち」といった読み方がされます。
読み方はいろいろとありますが、意味はどれも同じです。
四十九日のことを意味しています。

七七というのは七が7つ、つまり49日のことを意味しているのです。
仏教では命日を起点とし、7日ごとに忌日を設けています。
忌日は故人が亡くなった日のことで命日と同じです。

仏教では7日ごとに命日があるという考え方をします。
亡くなって最初の7日を初七日といい、そこから二七日、三七日、と増えていき49日目が七七日となるのです。

七七日は数え方に気をつけましょう

忌日の数え方は関東では亡くなった当日から数えますが、関西では亡くなる前日から数えます。
そのため、七七日忌の法要をするさい関東と関西では日にちが違うのです。

もしも関東と関西から参列者がある場合、どちらの数え方で法要を行うのか明示した方が混乱を避けられます。
故人が恥ずかしい思いをしないためにも伝えておく方が安心です。

基本的な準備は四十九日法要と同じです。

七七日を執り行うにあたっては四十九日法要と同じ準備をしていくことになります。
四十九日法要並びに七七日は仏教においてはとても大きな意味のあるものです。
そこで、規模が大きくなりますからきちんと準備を進める必要があります。

葬儀が終わったらできるだけ早く日程と会場の手配を行います。
日時を決める際には家族や親族ができるだけ早く集まれるよう、本来の四十九日よりも前の土日に行うことが一般的です。
四十九日を過ぎてから行うことになると故人の魂を待たせてしまうため、速めに行うようにします。

自分たちの予定が決まったら、会場や僧侶への依頼が必要です。
基本的には自宅で四十九日法要を行うことが多いですが、規模や自宅で行うことが難しい場合には菩提寺やセレモニーホールを利用して行うこともあります。
そのため、自宅以外で行う場合にはこれらの会場のスケジュールによっても変更する可能性もあるのです。

僧侶についても同じく、自分たちの予定と合わない場合には法要の予定を変える必要があります。
もしも法要の予定を変えられない場合にはできるだけ早いうちに僧侶に相談をして予定を組むようにしましょう。
お墓の準備ができていれば四十九日法要と合わせて納骨もしますからその旨も伝えて依頼するようにします。

仏壇や位牌の準備も必要です。
すぐに自宅に届くとは限らないので余裕をもって法要の2週間前くらいまでには手配をするようにしましょう。