Q.年忌法要何を行えばよいのでしょうか?

Q.年忌法要何を行えばよいのでしょうか?

故人のことをきちんと供養したいと思っているのですが、ただしく法要のことを理解できていません。
どのタイミングでどのような法要が必要なのでしょうか。
そして準備物は何が必要なのでしょうか。

まずは法要が何かを知ることから始めましょう。

法要というのは故人を供養するために行う仏教用語で追善供養(ついぜんくよう)とも言われるものです。
故人をしのんで冥福を祈るために行います。

冥福というのは明度の幸福のことです。
故人があの世に行って良い報いを受けられるようにとこの世に残った人たちが供養をしていきます。
この供養をする日が決まっているのです。

忌日法要というのは死後7日から四十九日法要まで7日ごとに行われます。
その中でも49日は来世への行き先が決まるとても大切な日です。
そのため四十九日法要はしっかりと行おうとされています。

その後は年忌法要が行われ、これが一般的に法事といわれるものです。
亡くなった翌年を一周忌、その後は二年後に三回忌が行われます。
家族や親族以外にも故人と特に親交があった人が参加をして法要が営まれるのが一般的です。

法要は三十三回忌まで行われ、それが終わると永代供養となります。
最後の法要を弔い上げといわれるもので、人によっては五十回忌で弔い上げをすることもあり、お祝いの意味もあるので料理や引き出物が違っている点で注意が必要です。

法要の日程は決め方があります

故人がなくなった日に法要をすることが望ましいですが、実際にはなかなか難しいです。
どうしても平日に亡くなった日が重なってしまうと平日に法事をしようとするとなかなか皆が集まることができずスケジュールも立てにくくなってしまいます。

そこで、多くの場合には法要は土日に行われるようにスケジュールを組まれるものです。
実際に参列する人たちの予定も確認しながら決めることも大切ですが、お経をあげてもらう僧侶のスケジュールも確認することが必要です。

お寺によっては事前に僧侶から法要の連絡が来ます。
その際、僧侶の方から自分のお経を読み上げることのできる日時の案内がされ、そこに決めるということが多いです。
ただ、これはお寺によって違うので自分たちからお寺に連絡をすることが必要な場合もあります。

そして、人によっては法要を自宅ではなくお寺やセレモニーホールで行うこともありますから、そういった場合には会場のスケジュールによっても変わってくるものです。
ただ、必ずルールとなっているのは命日よりも早く行うことです。
どのタイミングでの法要も、故人を待たせるようなことがないように命日よりも速い土日に行うように調整をするようにしましょう。