納骨・埋骨

納骨のタイミング

通夜、葬儀、告別式が終わり、火葬が行われると故人は骨となり、骨壷に収められることになります。
ただ、この骨壷は即座に墓に納骨が行われるのではなく、ある程度の期間は家においておくのが一般的です。
事情によっては即座に納骨することもありますが、可能性としては稀でしょう。

一般的な納骨のタイミングとなるのは、主要な法要のタイミングです。
例えば初七日、三十五日、四十九日といった法要が葬儀の後はあり、これらのタイミングで納骨を行うことが多いでしょう。

ただ、お墓の準備などの理由によってこれに間に合わない場合については、一周忌や三周忌といったようなタイミングで納骨を行うこともあります。

その間は自宅に置き続けておくことになるため、納骨のスケジュールはしっかりと確認しておくようにしましょう。

ちなみに納骨を行うまでの間は、自宅で朝晩の供養を行います。
仏壇の前などに机を置き、そこに白い布を掛けることで祭壇代わりとしてお骨を安置します。

また、最近では墓地の確保が出来なかったという理由で、永代供養を選ぶケースも多くなっています。
この場合にはお墓は作らず、お寺の納骨堂におさめて供養してもらうことになります。

納骨式

納骨を行う儀式のことを納骨式と言います。
この際には関係する近親者などが集まり、僧侶の読経などに合わせて改めて供養を行います。

その上でお骨をお墓に納めることになります。
先祖代々の墓がある場合には心配ありませんが、新しく作るという場合については墓石が間に合っていないこともあります。

その際には仮墓標として木の墓標を用意して立てておきます。
納骨式の際には花・線香・蝋燭などを使用します。
これらは寺によっては敷地内で販売されていることも有ります。