香典返しの準備

知っておきたいルール

葬儀の参列者は受付で香典を手渡し、記帳を行います。
まず葬儀が終わったらこの香典の内容を確認し、香典帳を整理するようにしましょう。

先にこれをやっておかないと、あとになって誰にどれだけの香典返しを行わなければならないのかがわからなくなってしまいます。

香典返しは時間を取って参列してくれた上に、香典という形で気持ちを示して頂いたことに対する御礼の意味があります。

本来であればこの香典返しは直接伺って渡すべきものではありますが、現在ではなかなかそうは行きません。
特に親族でも住んでいる場所が遠いケースも多い為、その場合には郵送を利用して送付するのが一般的です。

香典返しを送るタイミングは一般的には「四十九日法要の後」とされています。
この日が仏教式における忌明けであり、死の穢れがなくなると考えられるためです。

キリスト教式の場合には特に決まりはないものの、一ヶ月程度で届ける事が多いでしょう。

香典返しの金額や内容

それでは、実際に香典返しを行う場合、どのくらいの金額のものを贈るべきなのでしょうか?また、どのようなものを贈るのが良いとされるのでしょうか?

まずは金額についてですが、これは地域によって風習の違いがあります。
地域によっては全返しと言って、香典で受け取った金額をそのまま香典返しとして返すようにするケースもあります。
ただ、多くの場合は半返しと言う、香典額の半額を香典返しとするというの形式となっています。

とはいえ、これにも例外があります。
亡くなったのが家庭における経済的な支柱であった場合や、特に高額な香典を受け取った場合です。
こういったケースでは特に半返しや全返しにこだわる必要はなく、余裕のある範囲で香典返しを行なうことになります。

香典返しの内容としては、消耗品を選択するのがかつては一般的でした。
しかし、最近では長く使うことが出来るような実用品を選択するケースも多くなってきており、必ずしも風習に従わなければならないわけでもありません。

さらに、人の好みが多様化してきたことに合わせて、より喜んでもらえるようにカタログギフトを贈るという香典返しも登場するようになってきました。