葬儀後の挨拶回り

喪主が行う

大切な人が亡くなってから、葬儀の準備から当日の対応まで実に忙しい思いをすることとなりますが、葬儀が終わっても、まだすぐに一息ということにはなりません。

まずは葬儀でお世話になった人達に対して、早い段階でお礼を行うようにします。
このお礼も基本的には喪主が行うものとなっているため、喪主はまだまだ気が休まりません。

まずは、葬儀自体を手伝ってくれた人達に対してお礼を行います。
この場合、近隣の人や町内会の人などが中心となるため、直接訪れてお礼参りをしましょう。

特に長い時間手伝ってくれた人達に対しては菓子折りなども持参し、しっかりとお礼をするようにします。
出来ればこのお礼参りは葬儀から一週間程度の間に行うのが適切です。

お礼の挨拶自体はそこまで形式張ったものでなくても構いません。
「葬儀に際してお手伝いを頂き、ありがとうございました。おかげ様で無事つつがなく済みました」というような内容となります。

また、葬儀に際して弔電を頂いていた場合、お礼状を送るようにします。
こちらもできるだけ早い段階で送ることが出来れば良いでしょう。

手紙ということになるため、口頭での挨拶に比べると少し丁寧な内容を心がける必要があります。

内容としては「葬儀に際しましてご弔電を賜り、誠にありがとうございました。無事つつがなく葬儀は済みました。生前のご厚誼にも感謝し、御礼申し上げます」というような内容となります。

ちなみに、当日参列をしてくれた人に対しては、特に御礼の必要はありません。
というのも、当日来た人は受付で香典を出した際に、会葬礼状という形で御礼を受け取っているためです。
ただし、参列者の中に供物や供花をしてくれた人が居た場合には、別途御礼を出すようにしましょう。

お礼状のルール

また、葬儀などの弔事に関しては、お礼状にいくつか特殊なルールがあります。
詳しくは以下のサイトなどにも紹介されています。
>>http://letter.sincerite-shop.com/kaisouorei.html

まず、基本的に前文や時候の挨拶、自分の近況などを語る部分は省略し、いきなり本題に入ります。
したがって、締めも必要がありません。

もう一つ特殊であるのが「繰り返し言葉」を忌避するということです。
繰り返し言葉というのは「重ね重ね」や「様々」といったような、同じ表現を繰り返す表現です。

これは、悲しいことが繰り返すという意味があるとして弔事においては忌避されます。
お礼状に限らず、関係する文章などには用いないようにするのが基本となっているため、推敲をして別の表現に置き換えるようにしましょう。