喪主を決める

葬儀の代表者

葬儀を行うことが決まったら、まず最初に決めなければならないのが「喪主」です。
喪主というのは葬儀を行う際の代表者となる人のことで、様々なことについての決定や責任を担うことになります。

ただ、多くの場合段取りなどは葬儀社が決めてくれるようになっていますが、それでもやるべきことは多くあります。
喪主は誰がなるべきか、という明確なルールはありませんが、一般的な風習としては故人との関係が強い人が行うことになります。

まず、最も優先されるのは「配偶者」です。
この場合、男性女性は関係なく、配偶者がいる場合には配偶者が喪主を務めるのことが一般的です。

ただ、亡くなった方が高齢であった場合、配偶者の方も高齢で様々なことに問題が生じるケースもあります。
その際には名目上の喪主は担当してもらうものの、実務は別の人が斎主として行うこともあります。

次に優先されるのは「長男」です。
長男が担当できない場合には次男、三男と男兄弟が該当します。
それについで「長女」が該当し、さらに次女三女と続いていくことになります。

また、亡くなった人の両親が存命の場合にはこの次に該当します。
この場合も父親が先、母親がその次となります。

ここまでで該当する人が居ない場合には兄弟や姉妹が喪主を担当することになるでしょう。

かつてはこの序列で概ね問題はなかったものの、最近ではライフ・スタイルの多様化などによって判断が難しいケースも増えてきました。

例えば故人の血縁者が娘しかおらず、その娘がすでに嫁いでしまっている場合です。
この場合は、娘の旦那である、故人からみると「義理の息子」が行うか、あるいは娘本人が行うのが一般的です。

後述しますが、喪主には親戚対応などもやるべきことの一つとなっているため、スムーズな対応が出来る娘が担当する方が良いケースが多いでしょう。

また、亡くなった方が独身であり、近親者も残って居ない場合も多くなってきました。
こういった時には、遠縁でも親族が行うのが一般的です。

例えば甥や姪しか親族が残っていない場合、通常では回ってこない彼らが喪主を担当することになるでしょう。

喪主の仕事

では、次に喪主が実際にどのようなことを行うことになるのかについても紹介します。
まず、喪主に決まった時点でやるべきことがいくつかあります。

最初にどこで葬儀を行うのかを考えなければなりません。
自宅で行うのか、葬儀場で行うのか、あるいはお寺で行うのか、できれば生きている間に故人と話し合って決めておくのがベストです。

そうでない場合には予算なども検討の上で行う場所を決めましょう。
寺を利用付く場合には菩提寺を利用するか、菩提寺と同じ宗派の寺を利用するのが一般的です。

さらに、葬儀で利用する遺影を選びましょう。
故人のアルバムなどから、人柄を最も伝えることが出来る一枚を選び出します。

アルバム

最近では合成を使うことで、背景の邪魔なものや、適切ではなく服装などは差し替えてくれるため、表情だけで選んでも差し支えありません。

この他にも、葬儀の日程の決定や連絡なども行わなければなりません。
全てを1人で行うのは労力が掛かり過ぎるため、喪主ではない家族もできるだけ協力をするのが基本です。

もし仕事などで手伝うことが出来ないという場合、相続の際に自分の分を辞退するなど、喪主への配慮をするようにしましょう。

通夜・告別式の当日においても話をする機会がある場合もあります。
様々なことを考えて、どのような葬儀にするのか、喪主が中心となって決定していく必要があります。