葬儀の服装マナー

遺族側と参列側

葬儀に関する服装マナーとしては、遺族側のものと参列者側のものに違いがあります。
遺族側は「正式」という喪服を着用するのに対し、参列者側は「略式」という喪服を着用することになります。
また、さらに男性と女性とでも適している服装に違いがあるため、しっかり把握しておくようにしましょう。

遺族側の場合、男性女性共に和服と洋服の選択肢があります。
和服の場合には黒羽二重の五つ紋のものとなります。

色は黒で、白抜きの家紋を用います。
さらに、襦袢や足袋なども白いもので統一し、白と黒以外の色がないようにします。

男性の場合、洋服は黒のモーニングが正式です。
ネクタイは黒で光沢がないものを利用するようにしましょう。
ワイシャツは白で無地のものを利用し、靴下などは黒のものとします。

ネクタイピンやポケットチーフなど、通常の礼装の場合に必要となるものは必要ありません。
カフスを使用する場合には黒石のものを利用しましょう。

女性の場合、黒無地のワンピースやスーツ等を使用します。
遺族の場合には専用の帽子を着用することもあります。

カトリック式の葬儀の場合には、さらにベールをかぶることもあります。

女性の服装として特に注意しなければならないのは、極力露出を少なくすることです。
必ず黒のストッキングを使用し、直接肌が見えないように注意しましょう。

バッグなどは金具の使われていないものを使用するようにします。
また、男性女性共に、毛皮や皮革のような生物由来のものは殺生に通じ縁起が悪いとされるため着用を控えましょう。

参列者の服装

参列者の場合は、遺族の服装以上の格式とならないように略式のものを着用します。
男性の場合にはブラックのスーツが代表的なスタイルとなります。
ネクタイなどのルールについては遺族側のものと基本的に違いはありません。

女性の場合も注意すべき点は同じです。
また、化粧についてはできるだけ薄く行い、紅は引かないようにしましょう。

参列者もまた、葬儀の一員であることに変わりはありません。
他の参列者の方や遺族の方に不快な思いをさせることがないように、衣装選びには細心の注意を払うようにしましょう。