神道式葬儀

日本で生まれた宗教

今や日本の宗教というと仏教の方がメジャーになっており、特に葬儀においてはその向きが強いと言えます。
ただ、仏教は本来日本で生まれた宗教ではありません。

日本には日本で生まれた宗教である「神道」があり、神道式の葬儀というのも存在しています。
神道は他の宗教の神や仏も自分達の仲間であると考える風潮があるため、とりわけ神道式を選ばない人が多いというのが実態で数が少ない傾向にあります。

そこでここでは、なかなかお目にかかることがない、神道式の葬儀の手順について紹介します。
まず最初に行われるのが「通夜祭」です。

これは仏教式で言うところの通夜ですが、内容には違いがあります。
神道式の場合には祭壇に対して供物を捧げ、ここで神官による祭祀の奏上を行います。

奏上が終わると神官がまず最初に玉串奉奠を行い、それに続いて他の参列者が奉奠を行っていきます。
基本的な動作は二拝二拍手一拝と通常の参拝時と変わりませんが、拍手は音を立てないで行う「しのび手」とします。

また、神道には死の穢れの考え方があるため、通夜が終わった時点でもって完全に亡くなった、という扱いとなります。

遷霊祭

神道式で行われる葬儀のなかには、遷霊祭という特殊なものがあります。
この遷霊祭が神道式葬儀の中では最も重要なものとして位置づけられています。

これは亡くなった方の魂を霊璽という位牌のような役割があるものに移し変える、遷霊を行う儀式です。
夜中に行う決まりとなっており、さらに全ての灯りを落とした上で神官が奏上を行います。

多くの場合前述の通夜祭のあとに引き続きで行われますが、場合によっては出棺直前となることもあります。
霊璽としては位牌の形をしているもののほか、鏡などが使用されることもあるのが神道式の特殊な点です。

これが終われば、最後に葬場祭が行われます。
これは告別式に当たるもので、霊璽を中心にした祭壇を作って行います。

こちらでも玉串奉奠を行います。
玉串もキリスト教式の献花と同じように、根本の方を祭壇側に向けるように奉奠します。