無宗教の葬儀

日本人の多くは多宗教である

日本人は「無宗教」、とよく言われることがあります。
これは半分正解ではありますが、半分は正解ではありません。

日本人は多くの人がいわゆる「精霊信仰」のようなものを持っており、敬虔に神や仏のことを信じているわけではないものの、なんとなく「神秘的なものはある」と感じている人が多いということです。

また、クリスマスを祝い、神社にも寺にも行く日本人は、「多宗教」ではあっても「無宗教」であるとは言えないでしょう。

一般に言われる無宗教は特定の宗教に肩入れしていないことを指していますが、より正確には「一切の宗教を否定している」人のことを言います。

つまり、キリスト教も仏教も神道も全く信じられず、世の中に神も仏もいるはずがない、というのが無宗教の立場です。
ある意味では最も強烈な宗教観であるとも言える「無宗教」であるだけに、その葬儀についても様々な配慮をしなければなりません。

中には葬儀式自体が宗教的であるとして遺言で拒否するようなケースも見られます。
一般的な葬儀としては、お坊さんを呼んでお経をあげてもうことですが、あくまでも大切なのは故人の意思であります。

無宗教の式

無宗教の葬儀においては、他の宗教における式とは一線を画した方法が取られます。
まず、いわゆる「読経」や「賛美歌」のようなものは一切ありません。
その代わり、実質的なものだけが採用されることになります。

例えば、故人の思い出を綴ったムービーを流したり、友人が故人に対するスピーチをする、というような内容です。
焼香は行いませんが、献花は一般的な内容として行われるケースもあります。

無宗教葬はだんだんと理解を広げているものの、その数はまだまだ少数派です。
全国全体でみると、1%にも満たない状況です。

これには様々な理由がありますが、そもそも「非宗教」ではあるものの「無宗教」にこだわっていない、人が多いというのが最大の理由といえるでしょう。

マイナーではあるものの知っておくことで葬儀に招かれた時や親族の中で無宗教を掲げている方がいた時にスムーズな準備ができます。