キリスト教式葬儀

宗派で内容が違う

ここまで何度か紹介してきたとおり、日本において葬儀は仏教式で行うというのが一般的です。
仏教に特に思い入れがない人であっても、お墓等の関係上からそうする場合が多いのが実情となっています。

ただ、別の宗教の敬虔な信者である場合、仏教式で葬儀を行うことに抵抗がある人も多いでしょう。
日本では260万人と数は少ないものの、ある程度存在している「キリスト教」の方の場合が特にそれにあたります。

キリスト

そこでここでは、仏教式とは根本的に違っているキリスト教式の葬儀の内容について簡単に紹介します。
一口にキリスト教と言っても、大きく2つの種類があり、このどちらの宗派であるのかによっても内容が違います。

一般により敬虔で形式にこだわるとされているのが「カトリック」で、どちらかというと大衆よりでフレキシブルな傾向があるのが「プロテスタント」です。

歴史については省略しますが、元々のキリスト教であるカトリックに対して、新しくより民衆が信仰しやすいように広まったのがプロテスタントです。

ではまず、プロテスタントの場合の葬儀について見てみましょう。
プロテスタントの場合、まず葬儀の始まりとして納棺式というものを行います。
納棺を行う前に賛美歌を合唱し、聖書を朗読するという儀式です。

次に行なうのが「前夜祭」です。
前夜式と呼ばれることもありますが、これは本来のキリスト教式の葬儀に含まれているものではありません。
日本の通夜の風習に形式上合わせる形で生まれた、日本型キリスト教式葬儀です。

ここでは賛美歌や聖書朗読の他、牧師の説教などが含まれます。
お酒は戒律によって提供されませんが、お茶を囲む形で通夜振る舞いに近いことが行われます。

そして最後の葬儀、告別式に当たる部分は教会で行うのが一般的です。

棺を教会に運び、賛美歌の斉唱や故人の紹介、牧師の説教などを行い、最後にもう一度賛美歌を斉唱します。
仏教式の場合には欠かせない焼香の代わりに、献花が行われます。

カトリックの場合

カトリックの場合は、本来のキリスト教式のものにするか、日本式のものを取り入れたものにするか、神父と相談の上で決定することになります。

カトリック式についての詳しい内容は下記サイトにも紹介されています。
>>http://u111u.info/majL

特に知っておきたいのが、献花の作法です。
献花は多くの人にとってあまり馴染みがないもので、やり方がわからない人も多いでしょう。

花は自分の胸の前に、花びらの部分が右手側に来るようにして持ちます。
そして花は自分側に、茎が祭壇側になるように捧げ、遺族や神父(プロテスタントの場合には牧師)に礼をして席に戻るという流れとなります。