仏式葬

日本の葬儀はほとんどが仏式葬

日本国内で行われる葬儀のうち、90%が仏教式、仏式と呼ばれる葬儀です。
仏教の葬儀は、お亡くなりになった直後から始まります。

ご遺族はご家族、近しい人がお亡くなりになると、その後、成すべきことがあるため、悲しみに打ちひしがれている時間もなく、通夜、葬儀、告別式など行わなくてはなりません。
しかしこのすべきことがあるからこそ、故人がお亡くなりになったことを受けとめ、現実を見ながら過ごすことができるともいえるでしょう。

仏教式の葬儀が大半とはいえ、その中でも宗派によって流れも儀礼、作法なども違いがあります。
日本仏教の中でも代表的な宗派の葬儀、またその意義などを紹介します。

仏式葬儀、意義もなすべきことも違う

仏教の中でも宗派によって葬儀に違いがあります。
なぜ違いがあるのかというと、意義、葬送に関する作法が違うためです。
宗派によって仏教に対する世界観も違いますし、死生観にも違いがあります。

人が亡くなった場合には、菩提寺となっているお寺さんの宗派に沿って、葬儀をしなければなりません。
私たちは菩提寺の宗派が行う葬儀をある程度認識していないとなりませんし、意義を知っておくことで、心を込めて葬儀を行う事が出来るのです。

宗派における意義を理解していることで、通夜、葬儀の際、行われていることに対し、こういう意味があって行っていることなのだと理解でき、心を傾けることができるでしょう。
臨終から通夜、葬儀に関して儀礼やお経が行われていく中で、宗教的な意味を理解していれば、遺族は故人がしっかりと成仏できるように祈り、また悲しむことができるのです。

菩提寺とは全く違う宗派に沿って葬儀を執り行ってしまったことで、再度、葬儀をやり直すという事に至ったご家族もいます。
そういう事がないようにしっかり葬儀について、宗派宗旨を理解しておくことが必要なのです。

仏教宗派を知っておこう

仏教はブッダ、お釈迦様の教えとして起った宗教で、遠くインドが発祥とされています。
日本には中国から6世紀半ばあたりに伝わったとされ、中国置いては大乗仏教と呼ばれる古代インドの改革は仏教の流れをついているので、日本にも大乗仏教が伝播しています。

中国から伝わって以来、日本でそれぞれ宗派を各とし、葬儀などについては独自の方法が受け継がれ、今に至っています。
日本では天台宗、真言宗、華厳宗、法相宗、律宗、日蓮宗、浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、臨済宗などが多数の宗派があります。
葬儀の前に、自分の家がどの宗派に属しているのかをよく理解し、葬儀社の方とよく相談されて、宗派に沿った葬儀を行う事が大切なのです。

亡き人が気持ちよくあの世に行けるように、成仏できるように祈りをささげるための葬儀でもあります。
菩提寺の僧侶にしっかりお経をあげていただき、納得のいく葬儀を行いましょう。