散骨樹木葬

墓地のない埋葬の方法

日本国内でも葬儀の形はそれぞれで、最も多いといわれる仏式の葬儀に加え、家族葬や直葬など様々な葬儀が行われるようになってきました。
最近は散骨するという事も行われていて、海に散骨する、山に散骨する、木の根元に散骨する等、様々な散骨が行われています。

散骨樹木葬と呼ばれる散骨もありますが、これは葬儀ではなく、葬儀後のお骨を散骨するというものです。
そのため、散骨樹木葬と呼ばれていますが、葬儀というのではなく、散骨の一つの形として理解すべきです。

90年代初め、葬送の自由について自然環境を守る葬儀として行われるようになった自然葬という言葉から、様々な言葉が誕生しました。
意味合いとしては墓地を作らず、お骨を細かく砕き海や山、木などの元に還すという意味で行われています。
法的に問題はないのか?という質問もよく受けるのですが、国民感情を持ち、葬儀として行われる節度あるものなら違法ではないとされているため、社会的認知を受けていると考えていいでしょう。

樹木葬は山林を墓地として許可を受けて始まった

樹木葬に関しては、山林に墓地の許可を得て、90年代の末位から始まったもので、この場合、遺骨を直接土の中に埋めて、上に花や木を植えるというものでした。
樹木葬に対し、散骨樹木葬は墓地以外の区域で行う散骨となるため、樹木葬とは全く違う意味合いを持つという事がわかります。

墓地以外の区域にお骨を撒くため、例えば海に散骨するとなれば、船の使用料金などが必要となります。
散骨の場合は葬儀の後、お骨を埋葬するための墓地を必要としないため、費用がかからず、しかも墓地の土地を必要としないので、環境に沿った方法ともいえます。
樹木葬の場合、墓地としての扱いになるので、墓地の使用料金や管理料が必要です。
花木を植えることが必要となるため、その使用料も必要とされます。

自然に還るという目的の散骨

お墓に行けば、いつでも亡き大切な人に会える、という思いで遺族はお墓参りをします。
しかしお墓が遠方だったり、お墓に行きたくても病気されたり、足腰が弱くなってしまったことでなかなか通えなくなるという事もあります。

でも散骨樹木葬であれば、木々をみれば亡き人を思う事が出来ます。
海に散骨すれば、海を見れば亡き人を感じることができます。

古くから人が亡くなると自然に還るのが通常でした。
しかし現代の日本では、土に還る事は出来ず、お墓の中でその他先祖の骨と同様に時にひしめき合った状態で保管されることになります。
海や樹木への散骨なら、大自然の中で自然の摂理に従って広々と埋葬されると考えられ、最近はこうした自由な形の埋葬が多く行われているのです。