密葬

小規模に行う葬儀のこと

テレビのニュースなどで著名な方がお亡くなりになった際、葬儀はご家族が密葬で済ませたということで・・・などを見ることが多くなっています。
密葬は近年、非常に多くなっている葬儀の形で、一般的な葬儀とは違い、親しい人たちのみで行う小規模な葬儀です。
この密葬の中には、家族葬や直葬なども含まれているので、直葬といっても全くイメージとは違う葬儀となっている場合もあります。

密葬を家族葬で行う場合

密葬を家族葬という形で行う場合、家族、親しい方のみで葬儀を行います。
家族葬も、遺族親族だけで行う場合と、故人が親しかった友人・知人に知らせ行う場合があります。
多くの参列者が来ることもなく、決まった人だけが参列する葬儀となるため、遺族は故人とのお別れの時間をしっかり持てますし、小規模の葬儀となるので費用も最小限に抑えることができます。

故人が直葬、家族葬にするようにと遺言されることも多くなっており、遺族に経済的負担を与えないようにと配慮されている場合も多いのです。
葬儀の流れとしては一般葬と変わりなく、お亡くなりになられた病院等から自宅に搬送し、通夜まで自宅で過ごしその後、納棺を行い斎場に移動し通夜、翌日葬儀、告別式を行います。
費用的には50万円位から行う事が出来るため、リーズナブルな負担の少ない葬儀といえます。

直葬を火葬のみで行う場合

最近は直葬として火葬のみで行うというご遺族も多くなっています。
通常葬儀は、通夜、葬儀、火葬を進みますが、通夜や葬儀を行わず、直接火葬のみを行う葬儀です。

ご遺族、親しい方のみで火葬場に行き、炉の前で僧侶に読経してもらい(しない場合もある)火葬し、荼毘にふします。
通夜、葬儀などを行わないため、かかる費用も少なく、経済的負担が少ない形です。
通常、火葬のみで行う直葬は、25万円程度といわれています。

直葬による火葬のみの葬儀は、昔、ご遺族がいない方の葬儀や、生活保護を受けていて親族とのお付き合いがない方がお亡くなりになられた際に行われてきたことですが、最近は、ご家族が直葬による火葬のみの葬儀を希望されることも多くなっています。

宗教観や死生観の変化などもありますが、通常の葬儀を行う事が経済的に難しいというご遺族が行う事も多いです。
一般的な葬儀よりも費用がかからない葬儀となりますが、お亡くなりになった方へのお気持ち、悲しみなどはどういった葬儀であっても同じです。

どのような形にしても、火葬、葬儀に対し、故人の冥福を祈り、生前の故人をしのぶ事を忘れないようにすることが大切です。
火葬のみ行う場合、24時間経過するまで待つ時間がありますので、ご遺体を安置する場所を葬儀社の方と相談し、決めておく方がいいでしょう。