音楽葬

自由葬に多い音楽葬

宗教等を持たず、自由葬を行うというご遺族も多くなっています。
その中で、音楽葬という形で音楽を通じ故人をしのび、送り出すという葬儀の形を選択されるご遺族も少なくありません。
音楽でご遺族の気持ちが癒される、また音楽によって故人を思いだし、しのぶことができるというメリットがある半面、気持の区切りをつけにくい、亡き人への思いを断ち切れないなどの気持ちの面でのデメリットもあります。

読経などを行わない音楽葬

自由葬、無宗教葬とも呼ばれる葬儀の形の中で最も多く行われているのが、音楽葬でしょう。
僧侶による読経などを行わず、宗教形式にこだわることなく行われる葬儀です。

葬儀では故人が生前好きだった音楽が流れ、その中でお花を供えたり、故人の生前の姿を映したビデオが上映されているのをみたりして、故人をしのびながら行われます。
生のピアノ演奏や小規模の楽団などが来ることもありますし、好きだったアーチストのCDなどが流されることも多いです。
音楽葬も、団体などが共同で行う団体葬の中の音楽葬となると、非常に規模の大きなものとなり、合唱団に歌をお願いしたり、ある程度大きな編成の楽団を用意する等、まるで音楽界のようなイメージの音楽葬もあります。

形式などもないので、焼香や献花を音楽が流れている間に行ってもいいでしょうし、故人とゆかりの深かった者同士、故人の思い出を語っても構いません。
葬儀の流れなどは喪主、また葬儀を実行される運営者が自由に考えることができる葬儀です。

音楽葬のメリット

音楽を聞くことで故人を思い、悲しみの中でも故人を近く感じる事が出来るというメリットがあります。
遺族にとっては心が癒されることになりますし、そこで流れている音楽は、友人たちにとって故人の葬儀の際の思い出の曲となり心に残ります。
利用する曲を選択する必要があるため、家族、友人が故人を思いながら歌を選曲するという事も出来、故人をしのぶという上でも、心を込めて故人を送り出すという事も含めて、印象深い葬儀になります。

音楽葬のデメリット

まず、こうした自由葬は、しきたりに厳しい親族、特にご高齢な方からすると、成仏できないとか、礼儀を知らないとか中傷される可能性があります。
いくら音楽が好きだった、生前愛した音楽を流しながら送りたいという遺族の思いがあっても、通常の葬儀を行わないという事が理解できない方も多いのです。

ご年配の方からすれば、僧侶の読経がない葬儀では、成仏できないと考える事も多く、葬儀を受け入れることが出来ないという事があります。
また遺族にとってその音楽が印象深いものとなればいいのですが、その音楽を聞くたびに、死を思い出してしまうという事もあります。