生前葬

自分の葬儀ですから自分で納得できる葬儀にしたい

自分の葬儀には自分が出席することはできません。
ご遺体となってそこに存在する事が出来ても、こういう葬儀にしてほしいなんてお亡くなりになってから家族に伝えることは無理です。
でも、自分の葬儀だから納得がいくようにしたい、家族がいろいろ考えるのも大変だろうから、生きているうちに葬儀出来ないか?という事で行われているのが、生前葬です。

最近はこうした自分で自分の葬儀をプロデュースするという方が増加しています。
生前葬とはどのような葬儀なのか、納得のいく葬儀となっているのか、ご紹介します。

生前葬で感謝を伝える

生前、自分が生きているうちに自分の葬儀をあげるのが生前葬です。
一般的な葬儀の場合、自分はそこに生きていないので、感謝の気持ちを伝えることも、来てくれた方々にありがとうという事もできません。
残された家族を頼むな、と親戚にいいたくてもいう事が出来ません。

感謝の気持ちや伝えたいことなどを生前伝え、重苦しい葬儀ではなく、少し伊部戸的な感覚で行う事が出来るのが生前葬です。
生前葬は長寿儀礼という意味もあり、生前葬を行った場合、お亡くなりになった際に葬儀を行う必要はない、またご家族だけで行う事も多いですし、告別式を行うという意味で行う方も多い葬儀です。
残された遺族が経済的、精神的な負担を負いながら葬儀を行う事もないので、生前葬儀を済ませてしまうという方も多いのです。

生前葬のメリット

言い残したい事を直接、本人から伝えることができるという点が大きなメリットです。
お世話になった方へ感謝の気持ちを自分の口で伝える事が出来ますし、家族に感謝の気持ちと、自分の死後、こうしてほしいという未来に向けての言葉を告げておくことができます。

葬儀の事に関して遺族となるご家族に心配や負担をかけることもありませんし、特に経済的に大金負担とならないよさがあります。
一般的な仏式葬儀と比較して、非常に自由度が高い葬儀となるので、自分がこうしたいと思う葬儀に出来るというメリットがあります。

生前葬のデメリット

多くなってきているとはいっても、一般的な葬儀の形ではないので参列される方への気持ちに配慮しなければなりません。
また親族には受け入れられないという方もいます。

ふざけている!と捉えるご年配の方も多いので、気持を汲んでどのように行うかを考えなければなりません。
また生前葬を行うと決めたのに、やるとなったら自分の気持ちがうまく整理できず、悩み不安になるなど、よくない面も多々あります。
メリットを多く感じる生前葬ですが、実は考えなくてはならないことも多く、一筋縄では出来ない葬儀という事がわかります。