自由葬

決まった形式にとらわれない葬儀

日本の葬儀というと仏教式がほとんどで、その宗派宗旨に沿って葬儀が行われます。
その他キリスト教や神式などの葬儀もありますが、いずれも宗教に沿った葬儀です。
流れがあり、宗教ごとに異議をもって行われる葬儀です。
しかし最近、自由葬という葬儀の形も多くなり注目されています。

自由葬は仏教式のように定義や流れが決まっておらず、無宗教で行う葬儀として捉えておけばいいでしょう。
特定の宗旨宗派にとらわれることなく、自由に亡き人を送り出す会を行いますよ、という意味です。

宗教に寄らない葬儀が多くなっている現代

90%以上が仏教式の葬儀と呼ばれる日本ですが、核家族化が進み、菩提寺を持っている家族が減少しているという事もあり、特定のお寺さんとのお付き合いが少なくなっています。
菩提寺を持たないことで、葬儀も自由葬による葬儀を行うとされるご家族も多くなっており、特に都市部では、少しずつ増加傾向にあるようです。

葬儀に関しては宗旨宗派によって違いがあります。
宗教によって大きく違い、仏式の場合、僧侶がお経を読む、教えを読まれるという事もありますし、キリスト教の場合、讃美歌の斉唱、聖書の拝読などがありますし、牧師様により説教が行われます。
仏式では費用を払い戒名を頂くことも必要ですし、それぞれ宗教によって葬儀の作法が違います。
こうした規則や作法などがない自由な形の葬儀を、自由葬といいます。

例えば音楽葬なども自由葬の一つ

棺のまわりを故人が好きだったお花で飾り、参列者が来る時間帯に故人が生前愛した音楽を奏でます。
ピアノをひくこともありますし、CDなどで流す事もあります。
開式されると黙とうを行い、故人の思い出をビデオやスライドなどで流しながら、故人の生前成したことや、すきだったことなどをナレーションします。

弔辞に当るお別れの言葉を述べ、遺族の代表者が挨拶、そして開式となります。
棺を送り出す際にも音楽を流し、最後のお別れをにぎやかに行うという事もあります。

お経のかわりといってはなんですが、自由葬は音楽が利用されることが多いです。
タレントさんなどの葬儀についても、自由葬で行われていることがあり、ニュースなどで見ることも多くなっています。

しかし自由葬は遺族の気持ちの区切りがつきにくい、また葬儀が重さを持ったものではなくただお別れの会になってしまいがちという点がデメリットでしょう。
死とは厳粛な事であり、二度と会えない方を送り出す儀式が葬儀です。
その重さをしっかりと感じることが出来ないことが多いため、遺族が亡き人への思いを断ち切れない事も多いといわれます。
自由葬だから四十九日はしない、してはいけないという事もないので、気持の区切りをつけるために、法要などを行ってもいいのではないでしょうか。