直葬

直葬という葬儀、その内容を知っていますか?

最近、直葬という葬儀を聞くことがあります。
一般葬とはまた違い、お葬式をしない葬儀を直葬といいます。
葬儀なのにお葬式をしない?と疑問を持たれる方も多いです。

人がお亡くなりになってから火葬するためには24時間の時間が必要です。
通常、通夜、葬儀を行っている間に24時間が経過しますので、葬儀後、火葬となるわけですが、直葬の場合、葬式を行わず直接火葬するという葬儀になるため、24時間自宅や火葬場などにご遺体を安置し、その後、火葬のみ行います。
火葬炉の前で僧侶に読経をあげてもらうという事もありますが、こうした読経も行うことなく荼毘にふされることもあり、東京都などでは約2割から3割、全国でも1割程度が直葬であるといわれています。

昔からあった直葬、しかし今はちょっと違う

実は火葬のみ行うという葬儀の形は昔からありました。
身元不明のご遺体や、生活保護を受けている方の葬儀に関して、福祉葬と呼ばれる形で行われてきた葬儀です。

しかし現在は少し様子が違い、こうした身元不明のご遺体についての直葬もありますが、家庭の経済状態や、葬儀の簡略化によって葬儀を行わない直葬を選択されるご遺族も出てきています。
葬儀について宗教観を持たなくなったという事もありますが、主に、経済的な理由からという事もあり、直葬は一つの葬儀の形として、現代定着しつつあります。

老夫婦のみの生活、経済的困窮の為の葬儀

一般葬をしたいという気持ちを持っていても、例えば老夫婦のみで、親族ともそれほど付き合いが濃くなく、葬儀を執り行うにも経済的な力がなかったり、残された妻、夫が病気で葬儀をきちんと行えないという事もあります。
残された妻、夫が葬儀によって費用を使うことで生活に支障をきたすという事を考慮し、直葬という葬儀を選択される方もいます。
老夫婦ではなくても、生活に困窮していて葬儀の費用を出せないという場合もありますし、長く継続した不況が直葬を多くしているという時代背景もあるのです。

宗教的意味合いを感じない

直葬が多くなっている背景には、葬式をする意味が分からないという方が多くなっているということもあげられます。
この場合、多くは故人、お亡くなりになる方が葬儀をしなくてもいい、してほしくないとご遺族に遺言を残されることが多く、葬儀のために費用を使う事はない、周りの方に迷惑をかけたくないなどの理由から直葬を選択されることも多いのです。

葬儀の多様化が進み、親類縁者との関係性が希薄になっていることも影響していると考えられます。
葬儀の費用や運営に関して縁者が常に費用を出すという時代は、すでに終わりを告げていると考えられるのです。