お悔やみはメールで伝えても良いの?

お悔やみをメールで送るのはあり?

最近は何事もメールやラインで済ませることが多くなっていますが、お悔やみというのは通常、直接ご遺族に会って伝えるものです。
ただ、関係性、状況によっては、メールでもよしとされることがあります。

状況としてはメールで訃報の連絡を受けた場合です。
関係性としては、訃報をおくってくれた方がお友達や知人など親しい間柄という場合、もしくは取引先担当者からだった場合、会社の上司、同僚などビジネスの関係性を持っている方から訃報メールが来た場合です。

こうした状況、関係性を持っていても、メールでお悔やみを送るというのはあくまでも略式的なことで、取り急ぎ送るという場合のみと認識しておくべきです。

お悔やみメールを送る場合の注意点

お悔やみのメールは通常何かの連絡の際に利用するメールの文面とは違い、お悔やみの気持ちを伝えるものとなりますので、件名を簡潔に伝える事、また時候の挨拶などの前置きなど書きません。
件名については「お悔やみ申し上げます ○○(自分の名前)」のように、メールを受け取られた方が送り主と要件がすぐにお悔やみであることをわかるようにしておきます。
取引先の場合、お悔やみ申し上げます ○○会社 ○○と所属を記載します。

メールはあくまでも略式で取り急ぎ伝えるために利用するものなので、手短にお悔やみを伝えることを意識し、時候の挨拶は省略します。
弔意を表すメールとなりますので、手短に、略式で・・・という事でも、丁寧な言葉遣いを心がけます。
またお悔やみメールであっても、弔意を表す言葉であり、葬儀の際と同じように、忌み言葉を利用しないように注意が必要です。

重ね重ね等の忌み言葉などは不幸が繰り返すという意味にとれるので、利用しないように言葉を選んで悲しみの気持ち、弔意の気持ちを伝えます。

関係性を考えてお悔やみメールを考えること

シンプルで簡潔、読みやすく相手に迷惑にならないようにという事が重要です。
余りにも長い文章では相手の方の負担となるため、シンプルに弔意を示すことが必要となります。

例えば取引先などのビジネスの関係という事なら、「○○様の訃報に接し大変驚いております。ご家族の皆様のご傷心を拝察し、心よりお悔やみ申し上げたい所ですが、都合により葬儀に伺う事が出来ず申し訳ありません。略儀ながらメールにてお悔やみ申し上げます。心よりご冥福をお祈り申し上げます。」など簡潔に弔意を示します。

関係性が深いなら相手のことを思いやる言葉を添えて

ビジネスの関係でもよくしてもらっていた、非常に仲良くさせていただいたと、関係性が深いという事なら、形式だけではなく相手の方を思いやる一文を付け加えると深い弔意を知らせることができると思います。

例えばビジネスの関係なら、お力落としの事と存じますが、ご自愛くださいませ、心身共に大変だと存じますが、ご無理されませんように等の一文を添えます。
知人や親しい友人という場合、何が力になれることがあればいつでも連絡してください、頑張りすぎてしまう人だから心配していますなど添えるといいでしょう。