香典やお布施を袱紗で包む際の知識

お香典やお布施は袱紗で包むのが礼儀

若い世代の方を見てると葬儀の時など、お香典を裸のままで持ってくる方を見かけます。
しかし葬儀や法事の際、お香典やお布施は袱紗に包んで渡すのがマナーです。

袱紗には慶事用と弔事用、慶長用など色がありますが、その色の違いを理解しておくことも必要です。
また種類は包む金封の額によっても「最適」なものがあることも理解しておきたいことです。

利用する袱紗の色が場にふさわしくない色という方も稀に見かけることがあるので、恥をかかないように、また相手の方に失礼にならないように、袱紗について学んでおきましょう。

弔事は基本寒色系、包む金額によって利用する色を変える

葬儀や法事など弔事で袱紗を利用する場合、利用できる色が決まっています。
また包む金額によって最適な色があるため、理解しておくと役立ちます。

弔事で利用できる袱紗は紺、深緑、灰緑、緑、うぐいす、灰青、グレー、紫がありますが、慶事、弔事両方に利用できる色が「紫」なので、慶長用に1枚準備しておくという事なら紫を選びます。
1万円から3万円という場合には、金封袱紗といって金封を入れやすいように袋状になったものをさし、これを利用します。

爪がついている四角い布状の爪付袱紗は、現代最も利用されることが多いデザインで、3万円以上包む場合に利用するものです。
簡易の切手盆が付いている台付袱紗は3万円以上を包む際に利用するものです。

袱紗の包み方は種類によって違う

金封袱紗の場合、弔事で利用する際には開きが「左に来るように」利用します。
左開きにおいて表書きが読めるように金封を入れて口を閉じます。
左開きは横書きのノートを開く場合を考えればわかりやすく、弔事の場合、ノートと同じ向きで利用すると覚えておくといいです。

爪付袱紗、台付袱紗も基本的衣には同じで、袱紗を裏側においてその上に金封を表書きが見えるように置きます。
中心よりも右側寄りにおいて、(弔事なので左開きにするため)右側から布を金封の方に倒し、その後、上下をおり、最後に左をおりこみます。

金封を渡す時には袱紗を外して渡す

慶事の場合、金封を入れた袱紗ごと受付に渡しますが、弔事の場合、袱紗ごと渡すのではなく袱紗を外して渡します。
これは、慶事の場合はお祝い事を相手に渡す意味があり、弔事の場合は、そのまま袱紗ごと渡すと不幸を渡すことと同義といわれるためです。
葬儀の受付で金封を渡す場合、受付の方に直接袱紗を渡すのではなく、受付の前までいったら袱紗から金封をとりだし、相手から見て表書きが読めるようにして両手を添えて渡します。

先方の方に直接手渡しする場合には、金封を渡す相手の前で袱紗を開いて金封をとりだし、金封をそのままお渡しするのではなく、お盆、台の上において差し出します。
この時、台付袱紗以外の時には、折りたたんだ袱紗を台の代わりにして、その上に金封を置いてお渡しします。
袱紗の弔事・慶事の使い分け、金封の額と袱紗の色の違い、包み方、渡し方、こうしたことは社会人のマナーとしてしっかり理解しておきたいことです。