参列時に持参する数珠について

葬儀に参列する際のお数珠はどんなものを持っていけばいいの?

仏式の葬儀に参列するときには、必ずお数珠を持っていきますが、皆さんはどのようなお数珠を持っていくでしょうか。
みんな同じものという事はなく、お数珠は種類があり宗派によって色も形も違いがあります。
もしもこれからお数珠を準備するという事なら、自分の宗派に合ったお数珠を準備されるといいかと思います。

葬儀の際、利用するお数珠についても、社会人として知識を持っておく方が安心です。
葬儀の中でどのように使えばいいのか、取扱いの注意点などを紹介します。

自分の宗派に合わせたお数珠を選ぶ

お数珠はどうして丸い球が連なって輪になっているのかというと、本来お数珠は僧侶が読経をとなる時、その数を数えるために利用していたものです。
仏具となるので、キリスト教や神式の葬儀という場合、利用しません。

仏式の葬儀に参列するときには、自分が信仰する宗派に合わせたお数珠を持参すればよく、相手の宗派に合わせる必要はありません。
進行する宗教、宗派がないという場合には、宗派に関わらずに利用できるお数珠なら問題ありません。

代表的な宗派のお数珠

浄土宗に場合、二連の輪違いとなっているお数珠です。
輪の大きさが違う2つのお数珠が組み合わさっている構成で、特徴としては金属製の2連の輪の房が付いています。

1連は27、2連は20か40で、二連になっているのはお念仏を沢山唱えるためといわれています。
2つのお数珠を組合わせて数を数えながら念仏を数えます。

浄土真宗は煩悩具足という考え方を持っている宗派です。
煩悩具足というのは、煩悩をもとから身に備え持っている、そのためそのまま救われるという考え方があります。

そのため、お数珠を利用して煩悩を消すという事も必要ないので、片方の房が蓮如結びという形式で結ばれており、数取りしないようになっています。
もう片方の房には20個の弟子玉が付いています。

真言宗のお樹部には表裏2本の房が付き、親玉から数えて7個目、21個目に四天という小さい玉が付いている特徴的なお数珠です。
お経を7、21、54、108と唱える修法があるためこのような形になっているとされています。

天台宗のお数珠は主玉が丸ではなく平玉が利用されていることが多く、非常に特徴的です。
平玉になっていることでお数珠を操りやすく、かぞえやすくできています。
親玉から20個の平玉、弟子玉、さらに10個の丸玉の弟玉下がり、これを用いて3枚ものお経を唱えることできるようになっています。

日蓮宗は2個の親玉に房が付いているお数珠です。
片方に2本、もう片方に3本ついていて、3本のうち1本に10個の弟子玉が付いています。
これによってお経の数を数え、全部で5本の房については人体を表しているといわれています。

宗派に関わることなく無宗教の方でも利用できるのが略式数珠といいます。
基本的に片手用の一連のものが多く、宗派の本式のお数珠とは違い、小さ目です。
玉の色は黒ですが、数は特に決まっておらず、20個から40個程度のものです。
種類も多く、自由度の高いお数珠となります。

お数珠を正しく利用しよう

お数珠は葬儀中ずっと出しておくもので、御焼香の時にカバンから出すというのは正しくありません。
読経を聞いている時には、左手首にかける、御焼香をするために歩く時には房を下にして左手に持ちます。

なぜ左手に持つのかというと、右手は私たちの世界、左手は仏の清浄な世界を表しているといわれているからです。
御焼香の際には宗派によって持ち方なども変わりますが、通常合掌し、親指と人差し指の間にお数珠をかけるようにして利用します。

長いお数珠を一連で利用する場合、中指にかけわたし、手を合わせるようにして利用します。
こうした使い方についてはうるさく言う人が少なくなりましたが、ご年配の方などはよく見ておられるので、恥をかかないためにもしっかり覚えておく方が安心です。