妊婦さんの参列について

妊婦さんは葬儀に参列するものではない?

人の死は病気などで臥せっておられて、そろそろ危ないかもしれないとある程度予想がつく場合もありますが、突然、お亡くなりになる事もあります。
どんな死を迎えても、人の死というのは辛いもので、残されたご家族にとって、葬儀はつらく悲しい事となります。

しかし故人とゆかりのあった方、お世話になった方々がお悔やみに訪れてくれることで、遺族は少しずつ心鎮めることができ、一緒に泣き、悲しむことで悲しみも安らいでいくものです。

大切な人の葬儀は何をおいても参列したいと願うものですが、妊婦は葬儀に出るものでは無いという意見も聞きます。
なぜ妊婦は葬儀に参列しない方がいいなどといわれるのでしょうか。

参列してはいけないのではなく体調をみて・・・ということ

妊婦が葬儀に参列すると、赤ちゃんにあざができるとか赤ちゃんが一緒に連れて行かれるといわれることもありますが、これは迷信です。
ただ地域によってはこうした迷信が根強く残っているところがあり、万が一何かあった場合に葬儀に出たから・・といわれることがないように、体調が悪い、具合があまりよくない、お腹が張りやすいなど心配がある場合、葬儀への参列は控え、体を第一に考えます。

妊婦だから出てはいけないという事はなく、妊婦も大切な方、お世話になった方の葬儀には無理がないようなら参列してまったく問題ありません。
調子が悪い時に無理に参列し、弔詞が悪くなってしまった場合、回りの方に迷惑を掛ける事もあるので、関係者とよく相談し、健康な状態、不調や問題がない状態なら参列することを考えましょう。
地域によっては、何か悪いことが起こらないようにと、妊婦が葬儀に参列する際お腹に外向きの鏡を入れておく、赤い布を巻いておくなどしていくようにといわれることもあります。

これは鏡も赤いものも邪気を払う、悪影響を跳ね返すという意味があるからです。
迷信に対抗する手段として知られていますが、元気な妊婦さんでも何となく心配という場合、こうしたことを行っていってもいいのでは?と思います。

葬儀に出席しない場合

お世話になった方、大切な方の葬儀に妊娠中で体調がすぐれず参列できないという場合、弔意はしっかりご遺族に示すことが大切です。
弔電を打つ、お香典やお悔やみ場をおくるなどしておく方が、ご自身としても参列できず申し訳ないという気持ちを少し減らすことができると思います。

葬儀が終わってからでも体調がいい時に直接弔問し、ご遺族の方にお悔やみの気持ちを表すことも大切なことです。
この時、ご遺族の方にも用事があるかと思いますので、ご都合を確認してから弔問します。

妊婦さんが葬儀に参列する際の服装

妊婦としてお腹が大きな状態で、葬儀にどんな服装で行けばいいのかと、迷う方も多いです。
葬儀の際には立ったり座ったりという事も多いので、出来る限りおなかに負担の少ない服装にします。

お腹が大きくないという場合、ブラックフォーマル、喪服を着ていけばいいと思いますが、お腹を締めつけるものではなく、ゆったりしたものを選ぶ方がいいです。
お腹が大きいという場合、妊婦用のブラックフォーマルがありますので、それを利用するか、ゆったりした黒のシックな服装で、光沢がないものなら問題ありません。

妊娠している方でお腹が大きくなると、足元がみえにくくなるのでパンプスなどを履いていると転倒の危険があります。
そのため、かかとはなるべく低いものを選択し、冷えるかもしれないので、真夏以外はタイツを履いていく方がいいでしょう。