家族葬への参列基準について

判断に迷う家族葬への参列

最近は家族だけで、また家族と親しい友人のみで・・・という家族葬が多くなっています。
一般の葬儀の場合、訃報を聞いて通夜、葬儀などに駆けつけるのですが、家族葬を行うという場合には、いっていいものなのか?香典はもっていくのか?などわからないことが多いです。

家族葬という選択をされるご遺族が多くなっている現代において、家族葬について参列基準と参列する際のマナーや香典のことなど、様々なことを理解しておくべきでしょう。

家族葬は参列願いがあった場合人だけ参加する

家族葬は基本的に、「参列してほしい」とご遺族からお願いがあった場合のみ、参列します。
ご自身が参列するかどうかを考えるのではなく、参列願いがあった人だけが葬儀に参列するのが家族葬です。

お通夜や葬儀というのは訃報を聞き、通夜や告別式の日程を知り自分の意思で弔意を持って参列しますが、家族葬はこうした一般の会葬者を招くことなくご家族、近親者のみで行うものです。
友人が参加している場合は、ご遺族から参列願いがある場合のみなのです。

身内の範囲についても、故人の兄弟、子供等の血縁が濃い親族だけで行う事もありますし、叔父、叔母、いとこなども含めて、広い範囲の親族で行う場合もあります。
家族葬には故人の意思で・・という事もありますし、喪主が判断し家族葬と決める事もありますが、ご遺族、故人の意思で決めたことなので、参列願いがあった人だけが参列するようにします。
参列をお願いしますとはっきり言われなくても、ご遺族が直接、また電話等で訃報を知らせてきた場合、参列願いと同じと判断し参列していいと思います。

書面で訃報連絡があった場合

訃報連絡とは、故人が亡くなったことを知らせるものと、葬儀の案内が記されているものです。
この訃報連絡に家族葬で執り行いますと書かれていても、葬儀の場所、日時などが記されている場合には、参列しても問題ありません。

判断に迷う場合が、亡くなったことが記載されているけれど、葬儀案内がないという場合です。
この場合、参列辞退のお願いという記載があれば参列を控える、明確に書かれていない場合でも、葬儀の日程や場所などが記載され知恵ない場合、参列は控えます。

家族葬に参列する際の服装は?

家族葬に参列する場合は、通常の葬儀同様、礼服、喪服です。
男性はブラックスーツ、シングルでもダブルでも大丈夫です。
シャツは白、ネクタイ、靴下、靴(光物が付いていないもの)はすべて黒にします。

女性は黒のワンピース軽井沢アンサンブル、スーツ、肌の露出は控え、靴、ストッキング、バッグなどすべて黒、光沢のあるものは避けます。
お子さんは学校の制服がある場合は制服を、ない場合は黒っぽい服装でカジュアルになりすぎないものを選びます。

家族葬でのお悔やみの言葉

受付が設けられていないという事も多い家族葬なので、受付でお悔やみの言葉を述べる事が出来ないことも多いです。
この場合は、遺族にむけてお悔やみを伝えます。
通常の葬儀の場合マナー違反となる事ですが、親しい間柄だからこそ参列できる葬儀が家族葬なので、こうした細かい点は考慮してなくてもいいでしょう。

ただどんな場合でも意味言葉を使わないようにしなければなりません。
重ねる、重ね重ね、再三・・・などは不幸が重なる重ね言葉なので利用しませんし、また、たびたび、ますます・・・なども不幸が再び来ることを連想させる重ね言葉です。

死ぬ、死亡、「九」「四」なども死、苦しむなどを連想させるので忌み言葉となります。
御焼香やお香典については通常の葬儀同様です。