葬式の塩の正しい使い方

葬儀に参列した場合の清め塩の意味とは

葬儀に参列した家族が帰宅して、「塩ふって」といわれ、意味が分からないままに葬儀に参列した時には家に入る前に塩をふっているという人もいるかと思いますが、なぜ塩が必要なのか?疑問をお持ちの方もいると思います。
塩をふるときに、玄関に入って塩をふっている方もいますが、正しくは玄関に足を踏み入れる前に、塩をふることが必要なのです。

こうした葬儀の後に利用される清め塩は、どうして利用するのか?また正しい方法とはどういう利用になるのか、紹介します。

お清めの塩、清め塩とはどう使う?

葬儀が終わってから家に入る前に利用するお清めの塩、清め塩は、葬儀から帰宅して、家に入る前「玄関に足を踏み入れる前に」自分、もしくは家族、ほかの方などにふってもらいます。

この時、胸、背中、足元という3カ所に順番にふりかけます。
一掴みくらいの量を胸、背中、足元にふりかけて手で払います。
単身の方は自分で行ってもいいのですが、ご家族がいる場合にはご家族に振り掛けてもらうといいでしょう。

お清めの塩の意味とは

お清めの塩の意味は、神道の考えからきているもので、死を穢れとするため、この穢れを払うために行います。
お亡くなりになった方の葬儀に参列するという事は、死に接するという事になるので、参列した方は穢れている、その穢れを払うために清めるという意味で塩を利用します。

大相撲でお相撲さんが土俵に向かって塩をまくというのも、穢れを払い神聖な場所にするという意味があり、相撲も神道と結びついている神事ということがこれによってよくわかります。
神道という事は仏教に関係ないのではという方もいますが、仏教と神道は過去に神仏習合により、神道と仏教の境があいまいになっているためです。
古くは神道が主軸だった日本ですが、現在では仏教が主な宗教となっていることで、神仏習合の時から境があいまいになっていたことから、仏教の葬儀でも清め塩を利用するようになったのです。

また神道での穢れというのは、人の死に際し、寄りついてくる邪気が穢れであって、故人を穢れとするものではありません。
清め塩を家に入る前、玄関に足を踏み入れる前にふるのは、死によりついてきた邪気を家に持ち込まないために行うのです。

 

清め塩をふるのを忘れた場合

清め塩をふらなかった!!というとき、風習を大切にしている地域、ご家族などは、一旦外に戻って、塩をふりかけてから再度家に入るという事を行うようです。
しかし本来は、家に上がってしまった場合、喪服から普段着に着替えて、もう一度喪服を着て、家の外に出て塩をふるというのが正しい方法です。

勿論、こだわりがないという人なら、そこまでする必要はありませんし、清め塩にどこまでの思いがあるか人によって違うので、強制する必要はないと思います。

親族、身内が亡くなっても清め塩を行うべき?

同居している親族、ご家族が亡くなった場合や、住まいが別の親族などが亡くなった場合でも、葬儀の後は、清め塩をするのがしきたりとされています。
故人の死を穢れとするのではなく、死についてきた邪気を穢れとするので、死に接した人は遺族でも参列者でも同じように清め塩をすることが必要とされているのです。

また余談ですが、利用しなかった塩を調理に利用できるのか?などの話も聞きますが、清め塩の裏などに非食品などと書かれているのをみたことがあるという人もいると思います。

湿気が付かないように乾燥剤が利用されているので、調理には利用しないでください。
小さい袋に入っている塩を手のひらなどにとって、胸、背中、足元にそれぞれ適量、亡くなるようにかけてしまえばいいでしょう。