香典を辞退された場合の正しい対応方法

家族葬が多くなっている今、お香典を辞退されることも多い

訃報の連絡を頂いたときに、ご遺族から「お香典は辞退します」といわれることも多くなっています。
最近は家族葬という葬儀方法も多くなっているので、お香典無という形態の葬儀も多いのです。

ただ故人にお世話になったという方からするとお香典が本当に必要ないのか、また何かほかの物を持っていくべきなのか、お香典無という葬儀は何かと迷うものです。

弔意を示すという事もありお香典を持っていくという事もあるので、お香典無という場合にはどのように弔意を示すことができるのかと困惑してしまう方もいます。
お香典辞退という場合、どのように対応すればいいのか紹介します。

お香典を辞退するという意味

ご遺族が葬儀の際、お香典を辞退するという事は、尋問客はお香典を準備する必要はありません。
ご遺族がお香典を辞退する理由は、ご遺族それぞれで違いがありますが、あくまでもご遺族の意思なので、その意思を尊重するのがマナーです。

無理に用意するとご遺族は予定していない返礼品、香典返しを準備する必要がでてくるので、かえって迷惑になる事もあるのです。

弔意をどうしても表したいという場合には、お香典以外に、お供物や供花を贈るという事もできます。
供物や供花は故人にお供えするというものなので、弔意を表すことができるのです。

ただこうしたお供物や供花についても辞退するというご遺族もいます。
この場合、御遺族の意思を尊重し「何もしない」ことが一番だと思います。

供花やお供物を受け取ってくれるかどうかは、葬儀社などに確認するとわかります。
受け取ってくれるようなら、御線香や蝋燭、日持ちするお菓子などが一般的です。
葬儀社に依頼すると5000円から1万円程度の盛籠を準備してくれます。

お香典と共にこうしたものを贈ると費用をかけすぎてしまうため、ご遺族にとって負担になるという事もいわれていますが、お香典無という場合なら問題ありません。

家族だけで葬儀をしたいという場合

お香典の辞退だけではなく、葬儀をご家族だけで行いたいとする事もあります。
この場合、お通夜、葬儀に参列できないのですが、故人にお世話になった、どうしても自分で最後の挨拶をしたいという場合、葬儀の後、弔問に伺うということで弔意を示すこともできます。

弔問する場合には、ご遺族に必ず連絡し、いきなり弔問するという事がないように、都合を聞いて伺うことがマナーです。
いつ弔問にいくべきか・・・ですが、葬儀から日にちがあまり開くのもご遺族に悲しみの気持ちを揺り起こさせることになりますので、四十九日までに伺うことがよいとされています。
御花、御菓子などを持っていく、また遠方という場合には御線香などを贈るという事でもいいでしょう。

お香典なしといわれても生前お世話になってきたという人にとっては、何かしたい、と思う気持ちがあるのも当然です。
しかし、お香典を頂かないと判断したご家族の意思もしっかり尊重する事が大切です。