供花を送る際の基礎知識

弔意を示す供花をおくる場合に知っておきたいこと

葬儀に参列する際、また参列できない場合など、弔意を深く示すためにお花をおくるという事もあります。
葬儀の際におくるこのお花を供花といい、遠方で葬儀に参列できない場合や、最近多くなっているお香典無の家族葬等の際に、お香典の代わりに送ります。

供花は誰におくってもいいのか、またどのような花がいいのかなど、おくったことがない場合などは非常に迷います。
マナーに反している事だったらどうしよう、ご遺族が嫌な気持ちになったら困る・・・と供花について悩む方も多いので、ここに供花のマナー、贈り方などを紹介します。

供花とはなにか?

まずは供花の意味ですが、これは弔意を示すためにおくられるお花の事です。
故人にお供えするもので、お亡くなりになった方の霊を慰める事、また葬儀会場を飾るという意味も込められています。

葬儀に参列する親族、また遠方で参列できない親族や親族以外でも、故人と親しくさせていただいていた方々など、贈ることができます。
葬儀に参列する場合、お香典をもっていきますが、お香典と共に用意することで、弔意をより深く表すことができるとも言われます。

供花はどのように手配すればいいのか

供花を依頼する場合、故人の葬儀を行う葬儀社に依頼する方法、また花屋さんに依頼する方法、また最近はインターネットで依頼するなどの方法があります。

このうち、葬儀の統一感という事も考えてもっともよいとされるのが葬儀社に依頼する方法です。
葬儀によっては会場の都合など考慮し供花は親族のみでとされている場合もありますし、ほかのお店で用意したものは利用できないという葬儀社もあります。

他の花屋さんなどから贈りたいという場合には、葬儀社にほかの手配でも大丈夫か確認し、いいという事なら統一感を出すためにどのような種類がいいかを確認します。
葬儀社へ供花をお願いする場合には、会場に喪家と日程を告げて葬儀社を確認し、その後、葬儀社に連絡し、贈る喪家、日程を伝えて注文します。

宗教による違いもあるので注意が必要

供花はどんな花でもいいという事ではなく、宗教ごとに利用できる花などが違います。
仏教の場合、百合、菊、カーネーションなどが一般的で、高価な胡蝶蘭を利用する事もあります。

色は白など落ち着いた色で、基本的に生花ですが、最近はブリザードフラワーなどを利用する事もあります。
フラワーアレンジや籠アレンジが一般的ですが、フラワースタンドの場合もあります。

神式の場合、葬儀祭として葬儀を行います。
仏教と同じく菊や百合などが用いられ、中でも白い菊は神式でよく利用されています。
おくり方も仏教と同じです。

キリスト教の場合、仏教や神式でよく利用される白菊はあまり利用せず、百合、カーネーション、小菊などが利用されます。
キリスト教は生花が基本で名札なども付けません。

おくり方は協会によって違いがあるようですが、基本的に籠アレンジです。
仏教や神式の場合、会場におくりますが、キリスト教は個人宅に贈ることになります。
肉親やお友達が贈る供花として、クロスとハートがありますが、日本ではあまりなじみがなく、お店に依頼してもわからないことが多いといいます。

供花を送る際気を付けたいこと

必ず当日に間に合うように送るという事が基本で、通夜に間に合わなかった場合、葬儀に飾ることになります。
季節によって扱う花の種類が違いますし、使いたいお花が利用できないという事もあります。

仏教では造花もよしとされていますが、キリスト教は生花なので、葬儀にあったお花を利用し、費用なども考慮する事が必要です。