弔電を送る際の基礎知識

葬儀に参列できない場合に利用する弔電

親しい方がお亡くなりになったというとき、どうしても葬儀に参列できない時もあります。
悲しみの気持ちをご遺族につたえたいけれど、直接伝えることができないというときには、弔電を利用される方も多いと思います。

しかし弔電を利用したことがない人にとっては、どのような内容を書けばいいのかわからないという方もいます。
突然の訃報の際、葬儀に行くことができない場合、時間がなくてもしっかりと弔電を送ることができるように、弔電のマナーについて理解しておきましょう。

弔電はいつおくるべき?

弔電は葬儀に参列したいけれど参列できない時に送るものなので、お通夜、告別式に間に合うように、少なくとも1時間前までに手配する事が必要です。
手配がおくれて間に合わないという場合には、弔電をそのまま送るのではなく、喪家やご遺族の方に電話で参列できないことを手短に伝え、後日改めて弔問に伺ってお悔やみを直接ご遺族に伝える方がいいと思います。

電話で弔意を伝える場合には、葬儀でご遺族が忙しいことがわかっているので、シンプルに手短に悲しみの気持ちと、うかがえないことを伝えます。
例えば「葬儀に参列しご霊前に御挨拶申し上げたいところですが、諸事情によりどうしても葬儀に参列かないません。後日改めて弔問に伺わせていただきます」と伝えるといいでしょう。

弔電の宛先や宛名などについて

葬儀が執り行われる式場に弔電を打つので、あらかじめ弔電の依頼をする前に、式場の住所、電話番号などを確認しておきます。
葬儀の場所がわからない場合、喪家に送ることになりますが、受け取りに不備がないようにご遺族に一方入れておきます。

宛名は通常喪主宛で、お友達のお父様がお亡くなりになった場合、喪主がお母様なら「母親の名前 様方」となります。
特定の方に向けて送りたいという場合、例えば友人本人なら「(喪主名)様方・(友人の名前)様方」とします。

斎場では一つの葬儀だけ行っているという事もありますが、複数重なっている時もありますので、他家と混ざる事もあります。
そのため、苗字だけではなく宛名はフルネームで記載します。

喪主がわからない場合には、「(故人名)様ご遺族様」としたり、「(故人名)様ご一同様」でもよいとされています。
差出人はご遺族がわかりやすいように差出人の横に故人との生前の関係を添えておくと丁寧です。
例えば「○○ ○○(○○大学 ○○年卒 学友)、会社関係の場合、「○○会社 ○○年入社同期一同 (代表 ○○ ○○)」「○○会社 ○○ ○○(○○年入社同期)」などです。

弔電の本文で注意すべき点

弔電は例文がありますので、それを利用してもいいかと思います。
こうした特殊な文章を書いたことがないという方は、弔電を依頼する会社にどのような文章がいいか、故人との関係などを伝えるとちょうどいい弔電を用意してくれるところもあります。
内容には決まりがありませんが、自分で文章を用意する場合には、故人の名前は敬称で、例えば受け取る方の実父ならご尊父・お父様、受取人の実母ならご母堂様・お母様、受取人の配偶者なら、ご主人様・ご令室様など敬称で表します。

また弔文もお悔やみの言葉もそうですが、重ね言葉などの忌み言葉となるものは利用しないように注意が必要です。
例えば、重ね重ね、たびたび、九、四、死ぬなどの死に直結するような言葉も利用しません。

仏教以外の葬儀の場合、仏、成仏、ご愁傷様、供養、冥途という言葉は仏教用語となりますので利用しません。
またキリスト教の場合には、仏教用語のほか、お悔やみ申し上げますという言葉も不要です。