弔辞を頼まれた場合の基礎知識

弔辞を依頼された・・何を話せばいいのか?

弔辞を依頼されたという場合、多くの方が何を話せばいいのか?マナーやしきたりなどがあるのか?と心配になると思います。
慶事での祝辞などの場合、何度も経験があるという方も多いのですが、弔辞はそれほど多くの回数をこなしているという一般の方は少ないでしょう。

弔辞は喪家に長く保存されるものなので、丁寧に書くほか、忌み言葉などを利用せず、ご遺族、故人に失礼のないように書く必要があります。
最近は白い便箋と一重の封筒、万年筆で書くということが主流となっていますが、本来は、巻紙に薄墨の毛筆で書き、奉書紙に包み弔辞と上書きします。
朗読する時間は一般的に3分程度といわれており、大体400字詰め原稿用紙で2枚から3枚程度です。

弔辞は巻紙に薄墨で縦書きし、奉書紙1枚を半分に切った上包みの紙を広げて、巻紙に書いた弔辞を中央において、右を最初に折り、上に左側の神が来るようにおります。
最後に上下を織り、中央に弔辞と薄墨で表書きをします。

読み方にも作法がある

司会者に指名されたら静かに立ち上がり、遺族に向かって一礼し、祭壇の前に進みます。
祭壇の前にいったら静かに一礼し、弔辞を左手に持って右手で開きます。
巻紙をとりだしたら包を左手で支えて右に開き、上包みをたたみ弔辞の下に持ち、右手で奉書紙をとりだし上包の下に置き、右手で上包みをたたみます。

右手で弔辞をゆっくり開いて目の高さに捧げて読み上げ、巻紙の場合、読んだ端から右手でまいていきます。
読み終わったら奉書紙を包み直し(右を先に、左が上に来るように、最後に上下)祭壇へ向かって向こう正面にして備えます。

霊前に一礼し、遺族に向かって一礼し席に戻ります。
馴れていない事なので、何度か練習する方がいいかと思います。
ゆっくり丁寧に、また冷静に悲しみを込めて読みあげることが必要となるので、時間を計って読む練習をしておくといいと思います。

緊張すると早口になってしまう方が多いので、読む前に一呼吸し、ゆっくり丁寧に・・と心がけて弔辞を読むようにするといいでしょう。

故人に語りかけるように文章を作る

弔辞はお亡くなりになった方に向けて捧げるものなので、二人称で作ります。
生前、故人とお話ししているのと同じように、弔意の気持ちを自分の言葉で伝えるように作ります。

号泣されてしまう方もいますが、出来れば冷静に、涙ぐまれることがあっても丁寧に弔辞の文章がご遺族、参列されている方によくわかるようにゆっくりと読み上げることが重要です。
故人への最後の言葉となりますので、故人のことを思い、偲び、ご遺族の気持ちを考慮し、忌み言葉などがはいらないように気を付けて準備する事が大切です。