死亡通知を出す

社会的立場の高い人の場合

最近では、殆どの場合で亡くなった翌日に葬儀を行うという仕組みとなっています。
そのため、死亡通知を送る、ということはあまり必要がありません。

参列してほしい人には電話や電報などを使って迅速に連絡をするようになっているためです。

死亡通知書を作成する必要があるのは、より多くの人に知られている社会的立場の高い人が亡くなった場合です。

このような場合には、葬儀自体は家族葬で行い、その後本葬という形で多くの人に来てもらう場を設けることがあります。
こういった時には広い範囲の人に知ってもらうために死亡通知書を出すことになります。

死亡通知書は基本として私製はがきを使用します。
黒や薄黒の枠線を引き、その内側に本題のみの記載を行います。

内容としては喪主の名前や故人との間柄、さらに亡くなった理由や亡くなった日時、加えて生前の感謝などを述べることになります。

これに加えて、本葬がいつ行われるのか、どこで行われるのか、ということも分かりやすく記載する必要があります。

訃報を出す

葬儀自体は通常通り翌日に行なう場合でも、広く知ってもらう方法として利用できるのが新聞の訃報欄です。
葬儀社に相談すると依頼を行うことができ、自分自身では特にやるべきことはありません。

ただ、これは地域の新聞によって利用出来るかどうかの違いがあります。
全国紙なのか地方紙なのかによって入稿時間なども違っており、タイミングが合わないと遅くなってしまい意味がないこともあります。

また、当日葬儀に訪れてくれた人に対して手渡すのが会葬礼状です。
本来は日を改めて送るものでしたが、簡略化の流れによって式場で渡される事が多くなりました。

会葬礼状の内容としては喪主と故人との関係や、挨拶となります。
お清めの意味で、塩を入れた小袋と一緒に渡すものとなっています。