Q.お寺やお墓の選び方が知りたい

まずは実家の菩提寺に相談してみましょう

長男、長女ではなく、田舎を離れて別の土地に長く暮らしている場合、葬儀をどこに依頼するのか、お墓をどこに建立するのかという問題が出てきます。
両親の住む実家では、一族が代々受け継いできた墓とそれを管理する菩提寺があるはずです。
そのため、悩んだらまずは菩提寺に相談してみることが一番よいでしょう。

ご両親がどこか田舎のお寺さんの檀家となっている場合、その息子さんはどのお寺さんの檀家となります。
葬儀を菩提寺にお願いしたいという事なら、菩提寺に連絡し、往復の交通費、宿泊費とお布施と別に包みます。
菩提寺の僧侶が来ることが出来ないという場合には、今暮らしている地域、若しくは近隣から、菩提寺と同じ宗派宗旨のお寺さんを紹介してもらいましょう。
一般的な宗派のお寺であれば、近くにお寺があるはずです。

実家のお墓に入るのなら菩提寺での葬儀を

実家にある墓に、ご自分が入ることが確定している場合には、菩提寺に依頼するというのが良いでしょう。
田舎からわざわざ僧侶がきてくれるわけがないと思われるかもしれませんが、来ることができない場合、同じ宗派宗旨のお寺さんを紹介してくれるはずなので、こうした筋を通しておくべきです。

また、実家のお墓にはそれを受け継ぐ長男とその家族以外は入れないと思っている方も多いのですが、お墓の管理を行っている実家の人が拒否しない限り、実家のお墓に入る事が出来ます。
配偶者、お子さんがいる場合、葬儀、法事、また墓地の建立をどうするかによって違ってきます。

葬儀、法要、墓地はどうするか

菩提寺に関係なく、今暮らしている場所で、葬儀、法要、墓地の建立を考えるのなら、信頼のおけるお寺さんを探します。
お寺さんもいいお寺さんであれば、お寺の墓地がいっぱいでもお墓探しに協力してくれます。
葬儀、法要は田舎の菩提寺にお願いする、お墓は今暮らしているところに、という事なら、墓地を探すことになりますが、檀家のお寺は決まっているので、宗旨を問う事のない公営、民営の墓地を探すといいでしょう。

最近は墓地ではなく納骨堂を選択されたり、遺骨の散骨を考える方も出てきています。
また、お寺さんによっては檀家になると負担が大きくなると檀家にならない人も多いので、檀家になる事を条件とせず、お墓を建立させてくれるところもあります。

お寺さんを選ぶという時には、状況に応じ対応する事が求められますが、基本的に菩提寺があるのなら菩提寺に相談するという事を考えてください。
長男であろうが次男であろうが、関係なく、状況に応じて相談するという事が大切です。
散骨をするにしても、葬儀、法要を行う必要がありますので、お寺さんを利用することになります。