Q.愛犬の遺骨は一緒に納骨できるのか

ペットの墓地については法律で決められていません

ご家族がお亡くなりになり、その後、故人が可愛がっていたペット、愛犬が亡くなった時、愛犬の骨の一部をご家族の遺骨と混ぜて納骨したい、現代は一大ペットブームと呼ばれている時代なので、こうした希望を持っている方もいらっしゃるかもしれません。
こうした愛犬の骨と一緒に納骨できるどうか、まずここには遺骨を埋蔵するという意味を考える必要があります。
墓地に埋葬する、遺骨を墓に埋蔵する墓地、この墓地は人の場合に行う事で、犬、猫などペットについては「法律的定めがない」のです。

愛情をかけて一緒に生活してきたペットが亡くなり、家の庭などに埋葬したという方も多いと思いますが、愛するペットを土に深く埋める行為もそうですし、亡くなってしまったという事実は、心の奥底に残ってしまう悲しみです。
ペットを埋葬するというのは飼い主にとって大切な行為であり、ペットに対して最後に出来る愛情のある行為です。
その感情を理解してくれない方もいますが、飼い主にとってペットの死は人の死と同様に、いえ時にそれ以上に悲しみを伴うものです。

埋葬とは人も動物も同じで悲しみを伴うものです。
特に動物の場合、人よりも寿命が短く、また人への愛情とはまた違い、食事も何をするにもお世話しながら成長していくため、自分が愛情をかければかけるほど、その死は悲しみが深いものとなります。

通常は人のための埋葬、でもそこに別なことがあってもいいじゃないか

通常、埋葬、遺骨を墓に入れるという事は人のために行う事で、動物のために行う事ではありません。
ただ、法律の中に、動物の骨を入れてはいけないというようなものは存在していません。

道路上で動物が車に引かれて死んでいる場合、それはペットを飼っている人からすれば考えられないことですが、「物」として扱われます。
この理屈から言えば、飼い主からすれば、遺骨となるペットの骨も、副葬品と同じものとして考えられるのです。
人の骨を埋葬する際に、大切にしていた本や洋服など身の回りのものを入れますが、ペットの骨に関しても副葬品として考えれば、別段、一緒に埋葬する事として構わないと考えられます。

ペットの骨をお墓に・・・という事、故人の気持ちを配慮して

故人だったらどうしたいか?という事を考えてみるといいでしょう。
もちろん宗教的な意味や墓に埋蔵するという事を考える時、それはおかしいと思う人もいます。
しかし逆に、ペットを愛する気持ちが強かった方であれば、最高の配慮となると考える事もあるでしょう。

ご家族が納得するというよりも、故人だったらどうしたいか?という事を考えると答えが出てくるでしょう。
法律的には副葬品ですから、問題は全くないと考えていいでしょう。